• かき
  • なし
  • ぶどう
  •    
  • いちご
  •    
  • もも
  • おいしい果物
  • おいしい野菜
  • 加工品
  • 民芸・工芸品

柿(かき)

朝倉市杷木は柿の栽培が盛んな地域です。西村早生に始まり富有柿まで品種も多く栽培されており、富有柿は高品質で豊富な生産量を誇ります。 なかでも志波地区で栽培された富有柿は「志波柿」と呼ばれ、鮮やかな柿色で濃厚な甘さが人気です。

西村早生にしむらわせ

旬:9月中旬から10月下旬

肉質は堅めの「西村早生」は、甘柿の中では昔から食されている品種です。 果肉に黒っぽい「ゴマ」が入っているのが大きな特徴で、 一般的に黒くなっていない部分は渋いのですが、 肌に細かいすじがあるものが糖度の高い証拠です。富有柿よりも約1ヶ月早く熟します。

早秋そうしゅう

旬:9月中旬から10月中旬

果肉はやや軟らかく、緻密で果汁が多く、ほどよい甘みで食味は良好です。 柿の品種の中でも鮮やかな赤みが特徴の早秋柿は贈答品としても喜びの声をいただいております。

太秋柿たいしゅうかき

旬:9月中旬~11月下旬

「富有柿」をベースにして「次郎」と「興津15号」をかけ合わせた品種で完全甘柿です。 大玉で青いうちから食べられ、梨のようなサクサクとした食感で果汁が多く、糖度が高い魅力の品種です。 糖度が上がると果頂部から円を描くように筋「条紋」が入ります。この筋が入ると甘くなった目印です。 種が少なく食べやすいのも特徴のひとつです。

   
大雅柿たいがかき

旬:10月上旬から11月上旬

近年栽培されるようになった最も新しい品種の一つです。 果汁が多く果肉が柔らかいため食味良好の柿です。 新品種のため一般にはなかなか出回っていません。

   
伊豆早生柿いずわせかき
   

旬:10月中旬から11月中旬

   

果肉はやや柔らかく、緻密で果汁が多い品種です。 地元朝倉では、栽培歴が長い品種のひとつで、本格的な柿シーズンを迎える先駆けとして食卓の彩に一役かっております。

 
 
   
   
貴秋きしゅう
   

旬:10月中旬から11月上旬

近年栽培されるようになった比較的新品種の柿です。 歯ごたえがカリッとしていて、上品な甘みで風味良好。 なめらかな口当たりが好みの方は、しばらく待って(日をおいて)食べると良いかもしれません。

松本早生まつもとわせ

旬:10月下旬から11月上旬

王者・富有柿の早生品種である「松本早生」。「早生富有」とも呼ばれます。 旬のシーズンが富有よりも2週間ほど早いですが、同じように甘味があり、口どけの良い食感、ジューシーさも十分に堪能できます。 秋の季節を感じさせる一足早い贈り物としても喜ばれています。

富有ふゆう

旬:11月上旬から12月上旬

「富有柿」は、甘柿の代表格。     柿の“王様”です。天皇への献上品にも選ばれたという長い歴史を持つ柿でもあり、色、果肉の柔らかさ、ジューシーさ、 そして十分な甘味、どれを取っても王者の風格です。是非一度、ご賞味下さい。

冷蔵柿れいぞうがき

旬:12月上旬から4月下旬

最盛期に収穫した富有柿を、一定の温度・湿度の状態で冷蔵保存した柿です。 美味しい富有柿を冬でも味わうことができます。一個一個、真空パックで個別包装されているので、清潔さと新鮮さを保持できています。 お買い上げ後は家庭の冷蔵庫の野菜室で保存可能です。

梨(なし)

日本でなしが食べられ始めたのは弥生時代頃とされ、大陸から人の手によって持ち込まれたと考えられています。 江戸時代には栽培技術が発達し、100を越す品種が果樹園で栽培されてました。 明治時代に、現在の千葉県松戸市で「二十世紀」が、現在の神奈川県川崎市で「長十郎」がそれぞれ発見され、長らく代表格として盛んに生産されました。 戦後には、1959年に「幸水」65年に「新水」72年に「豊水」が登場し、この3品種を「三水」と呼ぶことがあります。現在も続々と改良が進み、さまざまな品種が登場しています。

二十世紀にじっせいき

旬:8月下旬~9月中旬

明るく緑色に近い黄緑色がさわやかな印象の梨です。 果肉は水分を多く含み繊細な食感で酸味がありさわやかな風味。 シャキシャキの食感は暑い夏の日に召し上がっていただきたい梨です。 日持ちがしますので、お供えにもお使いいただけます。

幸水こうすい

旬:7月下旬~8月中旬

「幸水(こうすい)」は、和なし生産の34%を占める最も生産量の多い品種です。 酸味は少なく糖度が高く、果肉は緑がかった黄褐色で柔らかく果汁も多いのが特徴です。

豊水ほうすい

旬:8月上旬~10月上旬

「豊水(ほうすい)」は、甘みも酸味もある濃厚な味で、幸水よりやや大きめ、果汁が多いのが特徴です。

新高にいたか

旬:9月中旬~11月下旬

甘みが強く果肉がかための「新高(にいたか)」 。 命名の由来は、なんと、新潟と高知の梨を掛け合わせて出来たからなのだそうです。 甘くて酸味も薄く、歯ごたえも程よく味自体は上品。形も大きい為、贈答用としても高い人気を集めています。

葡萄(ぶどう)

原鶴のぶどうは、おなじみの巨峰を始め、ピオーネやハイベリーなど、粒が大きさや糖度が高さ、みずみずしさで高い評価を受けています。 周辺の果樹園では、毎年8月上旬~9月下旬にかけて、「巨峰狩り」(1kg900円~1200円)が、にぎわいを見せます。

巨峰きょほう

旬:7月下旬〜10月下旬

ブドウと言えば巨峰というくらい日本人には馴染みのある品種。 それもそのはず1936年に日本人により生み出され、定着しました。 旬は8月~9月頃。選ぶときは、軸が枯れておらず、実がしっかりついているものを選びましょう。

ピオーネ

旬:8月上旬〜11月中旬

「巨峰」と「カノンホールマスカット」を掛け合わせてできた品種。 口にいれるとつるんと向けてとても食べやすく、子どもから大人まで幅広く人気があります。 強い甘みがありながら、すっきりさわやかな酸味が特徴です。赤みが抜けたものが美味しい「ピオーネ」の見分け方です。

キャンベル

旬:8月

アメリカのキャンベル氏によって育成された品種で、昔懐かしいさわやかな香りと本来のブドウらしい酸味が特徴です。 紫黒色の果皮をもち、一粒一粒が大きく、ジュースやジャム、ソースなどの調理にぴったりの奥深い甘みが凝縮されています。 種のない品種や甘みが強い品種に押されて産地が限られていますので、見かけたら懐かしい味をぜひご堪能ください。

藤稔ふじみのり

旬:7月下旬〜9月中旬

井川682号×ピオーネともに巨峰の流れをくむ、大粒ぶどうです。 グラマラスでボリューム感溢れるその粒は一粒あたり20~30g程度に育ちます。 繊維質が残らず食べやすく、果汁たっぷりのジューシーな味わいがありますが、甘すぎず、沢山食べられます。 口に含むとその大きさに得も言われぬ幸福感を感じられます。

翠峰すいほう

旬:8月中旬〜9月下旬

大粒で甘みの強いピオーネとセンテニアルの交配種。 楕円形の大きな粒は、しっかりした果肉で程よい酸味があり、さわやかな甘さながら食べごたえがあります。 翡翠のような黄緑色の果皮は薄く、むかずにそのまま食べられます。

いちご

バサロはいちごも豊富です。

   
いちごいちご
   

旬:11月中旬〜6月上旬

    【いちごの種類】
      あまおう(11月中旬〜6月上旬)

      かおり野(11月中旬〜6月上旬)

      あき姫(12月上旬〜5月上旬)

      紅ほっぺ(12月上旬〜5月中旬)

      よっぼし(11月中旬〜6月上旬)

      さがほのか(11月下旬〜6月上旬)

      恋みのり

      天使のいちご

桃(もも)

もも

旬:6月〜8月

【桃の種類】
ちよひめ(6月中旬〜下旬)
小ぶりだが、果肉が緻密で果汁が豊富、上品な甘みがあり、酸味は控えめ。早生種としては食味が優れ、日持ちする。

日川白鳳(6月下旬〜7月上旬)
果汁が多くてほどよい甘みがある。果肉はなめらかで、かたさは中程度

千曲(7月中旬) やわらかくジューシー

あかつき(7月上旬〜中旬)
肉質は締まっていて緻密、果肉は甘みが強くてほどよい酸味もあり、果汁を豊富に含む。やや固めの桃なので日持ちが良いのもポイント

なつおとめ(7月中旬〜下旬)
酸味が抑えられているので、甘みを存分に楽しめる桃。果肉は締まっていて食べ応えあり。糖度が高く、美味しいと評判で人気の品種

川中島白桃(7月下旬〜8月上旬)
果肉がやや固くて歯ごたえあり、日持ちが良いのが特徴。糖度が高いので、甘くて少し固めの桃として人気が高い

黄金桃(8月上旬〜中旬)
果皮・果肉ともに黄色の桃。強い甘みとほどよい酸味がある

【桃の選び方】
桃はふっくらと丸みのあり、全体的に紅く色づいたもの、果皮全体にうぶ毛があるものを選びましょう。香りが強くなれば食べ頃です。

おいしい果物(くだもの)

柿やぶどうのほかにも、朝倉には魅力的なフルーツが豊富にそろっています。 味や出来栄えにはフルーツの本場ならではのこだわりがあるものの、年間を通して比較的に少数生産の場合が多いので、 中には常連のお客様が毎年チェックを欠かさないほどの人気商品もあるほどです。

くり

旬:8月下旬~10月中旬

栗は、秋到来を告げる季節の味覚。鮮度を見分ける秘訣は、おしりの部分の色にあります。 黒ずんでいない黄土色っぽいものが新鮮な証、店頭でしっかりチェックしてみてください。 季節の大好物「栗ゴハン」はもちろん、モンブランや栗金団など本格的なデザート作りなどにもお役立て下さい。

無花果いちじく

旬:8月上旬~10月中旬

無花果(いちじく)は、生でよし、干してよしの栄養価が豊富な果実です。 2007年から新たに販売された「とよみつひめ」は、糖度がかなり高く、メロンのようなジューシーさと、 マンゴーのような甘味を持つ、この地域でしか味わえない「プレミアムいちじく」です。完熟なのでスプーンでご賞味下さい。

キウイ

旬:11月〜2月下旬

酸味がありますが、よく熟したものは甘みが出ます。デザートとして、 ヨーグルトなどと一緒に食べても美味しいですが、最近はワインの原料として使用しているところもあります。

スイートスプリング

旬:12月〜2月

「はっさく」と「温州みかん」を掛け合わせてできた品種。 表面はゴツゴツとして皮が硬いのに、中身は鮮やかなオレンジ色。 苦味や酸味も無くすっきりとした甘さとジューシーさ、そして香りが味わえる人気急上昇中の果物です。 まだまだ栽培が難しいので生産量は少ないのですが、貴重な贈り物としても喜ばれることでしょう。

   
甘夏あまなつ
   

旬:1月〜5月下旬

   
はっさく
   

旬:12月中旬〜4月下旬

   
はるみ
   

旬:1月中旬〜4月上旬

   
はるか
   

旬:1月中旬〜4月上旬

   
パール柑
   

旬:12月下旬〜4月下旬

   
ばんぺいゆ
   

旬:12月中旬〜3月中旬

   
すもも
   

旬:6月〜9月上旬

    【すももの種類】

      大石早生(6月)

      太陽(7月中旬〜8月下旬)

      貴陽(6月下旬〜7月下旬)

      ソルダム(6月下旬〜7月下旬)

      サマーエンジェル(6月中旬〜7月上旬)

      七朗(7月下旬〜9月上旬)

おいしい野菜(やさい)

道の駅の物産館といえば、新鮮な野菜が代名詞。毎朝、種類豊富な品々が店頭を賑わします。 くだものに比べてハウス栽培も多く、収穫時期を限定しないものがほとんどですが、珍品種や少数生産など、目が離せない内容がいっぱいです。

トマト

旬:1月〜12月

日本では、「桃色系トマト」の完熟品として「桃太郎」という品種が現在いちばん多く出回っています。 熟してもしっかりした果実で、果肉がくずれにくい品種として開発されました。

茄子なす
   

旬:4月上旬〜11月下旬

丸形やきんちゃく形、ひと口サイズの小なすから、中国産のへびなすのように長さ50センチもあるものまで、 その形はバラエティに富んでいます。世界に目をむければ、色も紫、白、黄、緑、まだらなどさまざま。 日本でも地方に在来品種が多くあり、西日本に多いのは、津田長、博多長、久留米長などの長なす類です。

南瓜かぼちゃ
   

旬:6月〜1月中旬

江戸の昔から、冬至の日にかぼちゃを食べると、かぜや中風にかからないとか、福がくるなどといわれてきました。 先人は太陽の恵みをたっぷり受けて完熟したかぼちゃを冬至まで保存し、緑黄色野菜の少ない冬場に備えたのだそうです。

冬瓜とうがん
   

旬:7月下旬〜11月中旬

「冬」という名がつきますが、れっきとした夏野菜の冬瓜(とうがん)。 その名は、保存に適し冷暗所に置いておけば冬まで貯蔵できることに由来しています。 水分が豊富で、体熱を下げる効果もあるので、夏バテしがちな季節にうれしい野菜です。

苦瓜にがうり

旬:8月〜9月

江戸時代に中国から渡来し、観賞用に栽培されたことが起源で、元来は完熟したものを晩秋に果物として食べていました。 しかし、沖縄県では「ゴーヤー(苦い瓜の意)」と称され、未完熟のものを夏野菜として食べており、 この食べ方が広く普及したので、現在では夏の野菜として捉えられるようになりました。 インドではピクルスやカレーに、中国系の人は蒸した果実を薄切りにし醤油をかけて薬味に、沖縄では代表的名ゴーヤーチャンプルになど、 苦みの好きな人にはたまらない食材です。冷蔵庫に、中の種とワタをとってラップに包むと長期間保存できます。

銀杏ぎんなん

旬:10月〜3月

イチョウの実は銀杏(ぎんなん、ぎんきょう)といい、茶碗蒸しなどの具に使われたり、酒の肴としても人気があります。 西洋語での表記 “Ginkgo” は、西洋人が「ぎんきょう」を聞こえたままに書き写したもの(”Ginkyo”)を誤記したものだと言われています。 ギンナン(イチョウ)にも栽培品種があり、大粒晩生の藤九郎、大粒中生の久寿(久治)、大粒早生の喜平、中粒早生の金兵衛、中粒中生の栄神などが主なものとして挙げられます。 茶封筒に入れ、レンジで加熱するだけでできる簡単な調理法もぜひお試し下さい。

オクラ
   

旬:6月中旬〜11月上旬

独特の粘り気とシャキシャキとした食感のオクラ。 採れたてのやわらかいものは生で食べられますが、 加熱して調理することが多いです。    

サラダ南瓜かぼちゃ

旬:9月〜11月

サラダ南瓜(コリンキー)は、生のまま食べれる不思議なかぼちゃです。 普通のカボチャのように煮て食べてもホクホク感はありません。 レモン色の果皮で柔らかく、皮ごとスパスパ切って使えるます。 調理方法は、短冊に切り、軽く塩もみをして水洗い後、サラダやマリネ、フライパンで焼いてなど様々なアレンジを楽しめます。 彩りもきれいなので、食卓を飾る話題性は十分の逸品です。

かぶ

旬:11月〜5月

冬の季語でもある「カブ(蕪)」。糠漬けなどの漬物や味噌汁の具などで使われる球形の白い(※赤い品種もある)根のほか、 「スズナ」と呼ばれる葉も食用で広く食されており、春の七草にも入っています。 根は生のままでは硬いですが、汁物の中に入れるなどして加熱すると柔らかくなるので、美味しく頂くことができます。

茗荷みょうが

旬:7月〜10月

日本を含む東アジア原産のしょうが科の多年草のことで、一般的に、根茎から出る卵形の短い花穂の部分を「みょうが」と呼んでいます。 今では促成栽培に成功し年中出回っていますが、露地ものは夏から秋にかけて収穫されます。 冷奴などの薬味として、最高の引き立て役をこなしますが、あまり多くは食べれないので保存法は要チェックです。

蓮根れんこん

旬:10月〜5月

ハスの地下茎が食用となったのがレンコンです。 輪切りにすると穴から「先を見通す」ことができるので、縁起の良い食材として正月のおせち料理などにもよく使用されています。 煮物、キンピラが定番ですが、天ぷら、レンコンチップスのような揚げ物、酢と相性が良いので酢レンコン、ちらし寿司の具としても広く使われています。

里芋さといも

旬:8月〜4月

山地に自生していたヤマイモに対し、里で栽培されることからサトイモという名が付いたといわれます。 晩夏から秋にかけて収穫され、地味な存在ながら煮物の材料として、日本では非常にポピュラーな存在です。

芋幹いもがら

旬:7月〜11月

芋幹(いもがら)とは、里芋の茎の部分のことをさします。 皮を剥き天日で乾燥させたものは、非常時の保存食として戦国時代からよく知られていて、干しズイキとも呼ばれます。 生いもがらは、柔らかくえぐ味がないので、刺身のつまにしたり、酢の物や煮物にしたりと幅広く活用されます。主に夏ごろに出回ります。

零余子むかご

旬:8月〜12月

一般的には、ヤマノイモのむかごのことを指しています。 塩でゆでる、煎る、米と一緒に炊き込むなどの食べ方があって、油でいるとビールのおつまみに最高です。 古くから食される食材で、「零余子飯」は秋の季語にもなっています。

自然薯じねんじょ

旬:10月〜12月

いわゆる山芋の代表格で、日本の山野に自生していたものが原産です。 長いものは地下1m以上になり、天然のものは掘り出すのが大変なので非常に貴重です。 白くキレのある旨みは最高で、生で食べられる(オロシやタンザクなど)珍しい芋としても知られています。 山かけごはんやとろろそばなど、自然の恵みの御馳走ですね。

山菜さんさい

旬:3月〜5月

    土筆(つくし)3月〜4月、蕗の薹(ふきのとう)1月〜3月、タラの芽3月〜5月、蕨(わらび)3月〜6月、筍(たけのこ)3月〜5月、ほか春のごちそうの山菜は、山野に自生する植物です。 春になると山野で土筆やふきのとう、蕨や筍などの山菜が芽を出します。特に竹林に囲まれた杷木地域は筍が多く、山で採れた筍はやわらかく味も格別です。 お召し上がりの際には下処理が必要です。収穫量はごくわずかで限られた時期にしか採れず、店内に並ぶ期間は短期間の場合があります。 出荷状況についてお気軽にお問い合わせください。

水菜みずな

旬:10月〜2月

水菜は、京野菜のひとつで淡い緑色でギザギザとした葉、シャキシャキした歯ざわりが特徴です。 味に癖がないため、和え物・鍋物・サラダ・汁物・煮物などにひろく使われてます。 生のままサラダで食べるのも一般的になっています。

小松菜こまつな

旬:7月〜10月

旬は冬で、関東地方ではハクサイとともに冬の野菜の代表格にあげられ、東京風の雑煮には欠かせない野菜です。 ホウレンソウと似た使い方をされることが多く、あくが少ないので扱いやすい野菜とされています。 葉の緑色が濃く、茎が太くしっかりしているものを選ぶのが秘訣です。

小葱こねぎ

旬:5月〜2月

こねぎとは、葉ネギを若取りしたものを指し、細ねぎ、万能ねぎなどとも呼ばれます。     薬味として生で使ったり、炒めたりしてもおいしいです。    

ほうれんそう

旬:10月〜8月

ほうれん草は冬が旬です。緑黄色野菜の代表格です。 和風のおひたしから、バター炒めやパスタの具材などの洋風まで、幅広く食卓で使って頂きたい定番野菜です。

白菜はくさい

旬:10月〜3月

浅漬けやキムチなどの漬物として、また鍋物全般などには欠かせない食材である白菜。 国内ではダイコン、キャベツの次に生産量が多く、冬の旬野菜の代表格です。霜に当たることで甘みが増し美味しく頂けます。

加工品(かこうひん)

地元あさくらで育てた豊富な食材を活かした加工品は、お買い物を楽しむの大事なキーワード。 地元生産者が各家庭で手づくりで作っているので、昔懐かしい「おふくろの味」がご賞味いただけます。

かきチップ

杷木で採れた柿のみを使用して作られた「柿チップ」。乾燥させることで柿の甘みとうまみがぎゅっと濃縮していますので、 噛むほどにおいしさが口の中に広がります。一度食べたら癖になる大人気商品!お土産に、お子様のおやつにも最適です。是非ご賞味下さい。

乾物各種かんぶつかくしゅ

干したけのこ・切干大根・干し芋がら乾燥しいたけ、きくらげ、菊芋など、水で戻して煮物など料理に使えます。豊かな自然の恵みを凝縮した乾物です。

干柿ほしがき

秋の甘味で長年愛されているものと言えば、やはり干柿。 民家の軒先に並んでいるイメージが多少レトロさも感じさせますが、実は奥深い食べ物なのです。 数年かけて熟成されたものは海外の美食家も取り寄せるエピソードがあったりと、実は注目されている干柿。 原鶴名産の柿ならではの深い味を、是非お試し下さい。

民芸・工芸品(みんげい・こうげいひん)

豊かな森林に恵まれる杷木地区では、樹や葉など、自然資源の効用を生かしたアイデア商品も多く作られています。 また、古くから栄えた土地ならではの伝統的な職人の技も盛んで、そのジャンルも多岐に渡っています。

竹酢液ちくさくえき

「竹酢液」とは、竹炭を焼く際に出る煙を冷やして抽出した竹のエキスです。 様々な成分が複合的に働き、殺菌・止痒・消炎・消臭・抗酸化性など様々な作用があります。 お風呂に入れると、ミネラル成分が体を活性化させ、血行を良くし、お肌は、ツルツル。 「竹酢液」以外にも、他の木からつくった「木酢液(モクサク)」が販売されています。

   
竹箸たけはし
   

国産孟宗竹を使用し、一本一本を職人の手で丁寧に仕上げています。

   
木工品もっこうひん
   

ケヤキ、イチョウ、クス材などを使用したテーブル、まな板、置台などあります。

   
陶器とうき
   

花瓶、湯呑み、茶碗など手づくりの陶器です。 お気に入りの器を見つけて下さい。